ブログ一覧

バンクーバー留学・春の小学生短期留学:ホームステイ&デイキャンプ体験プラン

2019年春休みの計画はもう立てられましたか?お子さまお一人でカナダに滞在し、ホームステイ&カナダ人が参加するデイキャンプを体験してみませんか?8泊のプチ留学です。ホストファミリーと行くアクティビティはとても楽しい思い出になるはず。もし、仲の良いお友達がいたら、誘ってみてください。費用がだいぶお安くなります!

 


滞在期間:2019年3月23日(土)~31日(日)8泊
場所:カナダ・ノースバンクーバー市
対象:7-12才の小学生
8泊の費用:1名ご参加の場合: 登録料3万円+$3400

お友達と同室の場合1名:登録料3万円+$3100
含まれているもの:登録料、ホームステイ紹介、ホームステイ3食付、空港送迎、デイキャンプ5日間、デイキャンプ送迎、ホストファミリーと過ごすアクティビティ(3/24.3/30)、現地サポート、

後見人費用、税金、ない方にはeTA申請
含まれていないもの:航空券、海外旅行保険、海外送金手数料
アクティビティ内容:ホームステイと相談します。
デイキャンプ:カナダ人が参加するデイキャンプ:フィールドトリップ、

スケート(あるかもしれません)、プール、クラフト、ミュージック、スポーツなど。
デイキャンプの時間:約9:00-4:00 

締め切り:2019年1月23日ですが、デイキャンプが定員になった時点で締め切らせていただきます。

早目のお申し込みがお勧め。

 

 

2018年09月19日

バンクーバー留学・冬の小学生短期留学:お子さま単身のクリスマス体験プラン

 

今年の冬休みの計画はもう立てられましたか?お子さまお一人でカナダに滞在し、ホームステイ&カナダ人が参加するデイキャンプ、そしてクリスマスを体験してみませんか?ホリデーシーズンなので、ホストファミリーと行くアクティビティはとても楽しい思い出になるはず。もし、仲の良いお友達がいたら、誘ってみてください。費用がだいぶお安くなります!

 

滞在期間:2018年12月23日(日)~30日(日)7泊

または  2018年12月23日(日)~2019年1月5日(土)13泊

場所:カナダ・ノースバンクーバー市

対象:7-12才の小学生

 

7泊の費用:1名ご参加の場合:登録料3万円+$3300、お友達と同室の場合1名:登録料3万円+$3000

含まれているもの:登録料、ホームステイ紹介、ホームステイ3食付、空港送迎、デイキャンプ3日間、デイキャンプ送迎、ホストファミリーと過ごすアクティビティ(12/25.26.29のうち、2~3日間)、現地サポート、後見人費用、税金、ない方にはeTA申請

含まれていないもの:航空券、海外旅行保険、海外送金手数料、ホストへのクリスマスギフト

 

13泊 1名ご参加の場合:登録料3万円+$4500、お友達と同室の場合1名:登録料3万円+$4150

含まれているもの:登録料、ホームステイ紹介、ホームステイ3食付、空港送迎、デイキャンプ7日間、デイキャンプ送迎、ホストファミリーと過ごすアクティビティ(12/25.26.29.30.1/1のうち、3~4日間)、現地サポート、後見人費用、税金、ない方にはeTA申請
含まれていないもの:航空券、海外旅行保険、海外送金手数料、ホストへのクリスマスギフト 

 

アクティビティ内容:ホームステイと相談します。

デイキャンプ:カナダ人が参加するデイキャンプ:フィールドトリップ、スケート(あるかもしれません)、プール、クラフト、ミュージック、スポーツなど。

デイキャンプの時間:約9:00-4:00 ホームステイによっては、ビフォア(8:00-9:00)とアフター(4:00-6:00)キャンプに申し込み、その間にドロップオフ・ピックアップするかもしれません。

 

締め切り:2018年10月23日ですが、デイキャンプが定員になった時点で締め切らせていただきます。早目のお申し込みがお勧め。

 

 

2018年09月17日

トビタテ!留学【高校生コース】

合格すると、留学費用の一部に奨学金がもらえます!!

『トビタテ留学』は、2020年までに日本人の海外留学生数を倍増させるという目標の下、日本人の海外留学促進のために創設された官民協働海外留学支援制度です。その高校生コースは、企業からの支援により、世界で活躍したり、貢献する意欲のある高校生を募り、留学に必要な費用の一部を返金不要の奨学金として支給します。対象は日本の高等学校、中等教育学校後期課程、特別支援学校高等部、高等専門学校(1~3年次)、専修学校高等課程に在籍する日本人生徒などで、留学先の国や地域を自由に選ぶことが可能です。もちろん、カナダを希望して応募出来ますよ!

スポンサー企業は、ソフトバンク・トヨタ・NTT・三井住友銀行・富士通・三菱重工・ANA・東芝・セブン&アイ・長谷工・朝日新聞・ライオン・ヤフー・東急電鉄・東京海上日動・・・多数。

 



〇選べる期間:14日~1年間
〇募集人員:約500名(予定)
〇応募分野:
1)アカデミック①テイクオフ②ショート③ロング
2)プロフェッショナル
3)スポーツ・芸術
4)国際ボランティアがあります。

第4期の締め切り:平成30年2月1日でしたが、アカデミック・テイクオフの新高校1年生は4月26日必着でまだ間に合います。申し込みは在籍高校を通じて行います。今期間に合わなかった方、ご存じなかった方は、次期ぜひ検討してみてください。

1)アカデミック・テイクオフ:外国語習得を目的とするプログラムに参加し、留学先で外国語を用いて異文化交流を行う留学。例)外国語の学修を目的とするサマースクールや語学学校への通学など。

アカデミック・ショート:海外の高校などの教育機関に在籍し、外国語を用いて様々な科目を学修したり、教育プログラムに参加する留学。例)高校や大学などで実施されるサマースクール・サマーキャンプなど。

アカデミック・ロング:海外の高校に長期在籍し、外国語を用いて様々な科目を学修する留学。例)高校留学など。

2)プロフェッショナル:現在学んでいる専門知識・スキルをいかす、または将来携わりたいと思う分野について、インタ―シップなどを通じて専門知識やスキルの習得を目指す留学。
例)観光、調理などのキャリアカレッジでの学修、インタ―シップなど。また、IT分野を目指す人を支援する留学。例)テクノロジーキャンプ、プログラミングの授業に参加など。

3)スポーツ・芸術分野:海外のスポーツクラブやチームに参加し、戦術面やフィジカル面を学ぶような留学やスポーツ科学やマネジメントなどを学修する留学。芸術の方は、海外の芸術学校などでの学修や発表会などへの参加を通して技術を磨く留学。

4)国際ボランティア分野;NGOなどの支援活動を通じて国際協力について理解を深める留学。

このトビタテ!留学の特徴は、プログラムに参加するだけではなく、自分で考えた自主活動(例・・・留学の目的に合った調査活動など)を行い、日本や日本の地域の良さについて発信するアンバサダー活動を通じて、留学をすることにさらに深い意味合いを持たせています。

応募の詳細はこちらの公式サイトでよく確認をしてください。また応募は在籍する高校などを通じて出します。http://www.tobitate.mext.go.jp/hs/index.html

弊社はアカデミック・テイクオフ、アカデミック・ショート、アカデミック・ロングのプログラムをご紹介させていただきます。

 

パンフレット↓ 



プログラム以外のご質問は学校を通じて、トビタテ!留学にお問い合わせください。
よくある質問はこちら
https://mext.s3.amazonaws.com/2016/10/8bbfc641d31bc9c9d453444491c7edba.pdf



この取り組みは、留学に興味のある方にはもちろん、関心がなかった方にも、扉を開けて、背中を押してくれるプログラムで、合否に関わらず、多くの生徒さんが参加してみたいと思うプログラムを探す良いきっかけになります。そのためにも、より良いプログラムをご紹介していきたいと思います。お子様たちが海外に興味をもって羽ばたくお手伝いをさせていただければ嬉しい限りです!

 

 


 

 

 

2018年02月04日

VGCサマーティーンプログラム

お子様一人で参加出来る!

2018夏のプログラムに語学学校VGCをご紹介します。

High School Preparation/ Summer Teen Experience Program

VGC公式サイトはこちら


 

VGCはダウンタウンバンクーバーのウォーターフロント駅近くにあり、シーバスやバスルートに近いため、交通便利です。中規模の語学学校ですが、最近は人気が高まり、人数も増え、校舎も拡張されています。この学校は適度の国籍が混ざっているのでお勧め。ただし、英語力が初心者レベルですと、日本人生徒さんもいるはずです。中~上級レベルになると、日本人率がぐっと下がります。

 

 


VGCのサマーティーンプログラムは英語の語学研修だけではなく、カナダのアドベンチャーを満喫できる、バンクーバーで最も!エキサイティングなプログラムの一つです。各週アカデミックなテーマに基づいて作られたプログラムは、クラスで学んだ英語を火曜と木曜の課外授業で実際に使用することで、生きた英語と知識を自分自身のものにすることが出来ます。国際色豊かな友達が出来、また一緒に過ごす夏は、あなたにとって実りある留学体験となるでしょう!

VGCには二人の日英バイリンガルのカウンセラーの方たちがいます。初めての海外でも安心して参加できます。

 



目標
• 実際に課外で英語を使うことによって、ボキャブラリーの習得、活用できる力を目指します。
• 他国の生徒と共に過ごすことで、自立した考えを身につけ、様々なバックグランドの人たちと協力するスキルを身に着けます。
• 教室でのレッスンと日々のアクティビティを通して英語の上達を目指します。
• 楽しみながら学習する過程で世界各国の友達が出来るでしょう。

VGCサマーティーンプログラムの特徴
• 世界で認知されているケンブリッジ基準でのレベル分けがあります。
• 火曜日&木曜日に課外授業があります。
• 2つのキャンプ:ロッキーマウンテン、スクールキャンピング&ラフティング(日程限定)
• バンクーバーの街とカナダのアウトドアを体験します。
• 生徒様・親御様にご安心頂けるようVGCスタッフがサポートします。

 

 

HIGH SCHOOL PREPARATION/SUMMER TEEN EXPERIENCE PROGRAMfor students between 14 and 18 years old!

英語研修とアドベンチャーが融合したサマーティーン体験 !

コース概要
• 対象年齢:13歳~18歳
• 期間:2017年7月3日(火)~8月18日(土)までの2~7週間* 7月3日(火)~8月13日(月)までの毎週入校可能
• ロッキーマウンテンキャンプ 7月19日~22日 キャンプ&リバーラフティング 8月17日~18日 * ロッキーマウンテンキャンプはその期間にご通学の方は必須となります。

 


プログラムはVGC+厳選したホームステイはフロムウエストで

例)7/29-8/12 ホームステイ紹介、ホームステイ14泊、語学学校2週間(月~土)、税金、渡航前&現地サポート、後見人書類、振込受取り手数料、バス券、空港送迎、ローカルで使えるレンタル携帯電話
登録料3万円+4500ドルがお支払金額です。ホームステイは治安が良く緑豊かなノースバンクーバーです。


日程によってはアクティビティの費用が加算されます。



2018年01月26日

2018年お勧めサマーキャンプ・サマープログラム

サマーキャンプ/プログラム

 

カナダ・ブリティッシュコロンビア州・バンクーバーの夏はとても爽やか。日差しは強いのですが、木陰に入るとスッと涼しくて、最高です!夏は猛暑の日本を脱出して、癒し系のカナダでグローバルな海外体験をしてみませんか?小学生から高校生まで、単身で参加出来るサマーキャンプ/サマープログラムが豊富。ここでは、その中でもフロムウエスト一押しのプログラムをご紹介しますね。

 

☆ボドウェルサマープログラム

ボドウェルサマーキャンプ
カナダ・ノースバンクーバーにある私立高校Bodwell主催。西海岸で最も歴史のあるプログラムの一つ。10-17才向け。午前中は英語研修、午後はスポーツやアクティビティ、遠足、観光、買い物など寝るまで盛りだくさん。リピーター多数。兄弟割引あり。英語のレベル分けがあるので、初心者~上級者まで参加。ブリティッシュコロンビア大・ビクトリア大・クエスト大での滞在。7/15-8/11。2-5週間。詳細はこちら Bodwell High School公式サイトはこちら

電子渡航認証(eTA)申請代行無料!フロムウエストの二大特典あり!

 

☆ボドウェルアカデミックプログラム

ボドウェルアカデミック

 

こちらもボドウェル主催ですが、開催場所はボドウェル高校滞在。13-17才向け。英語で社会・数学・科学・アート・体育などを学び、高校生が日常使っている教室・寮・カフェテリア・ジム・グラウンドで高校留学を体験することが出来る珍しいプログラム。上記のサマーに比べて遊びの要素は少なく、高校留学入学を考えている方のブリッジプログラムとしてもお勧め。トビタテ留学のアカデミックショートとして応募される方も。8/5-25(一般の方)、8/5-9/1(ボドウェル生)詳細はこちらBodwell High School公式サイトはこちら 

電子渡航認証(eTA)申請代行無料!フロムウエストの二大特典あり!

 

☆タムウッドキャンプ

 

語学学校タムウッド主催。場所はアメリカ(サンフランシスコ・ボストン・ロサンジェルス)・カナダ(バンクーバー・トロント・ウィスラー・モントリオール)。7-17才向け7/1-8/5または8/12まで。英語研修&アクティビティのプログラム。ボストンはロボティクスあり。ほとんど大学寮滞在。バンクーバーは親子留学としてもアレンジ可。開催場所はサイモンフレーザー大学。タムウッド公式サイトはこちら

カナダの場合、電子渡航認証(eTA)申請代行無料!(単身・寮滞在の方対象)

 

☆VGC

 

語学学校VGC主催。High School Preparation/ Summer Teen Experience Program。13-18才向け7/3-8/18語学研修&アクティビティのプログラム。ホームステイはフロムウエスト提供。治安と環境の良いノースバンクーバー。詳細はこちら VGC公式サイトはこちら

電子渡航認証(eTA)申請代行無料!

 

☆iTTTi Vancouver

 

語学学校iTTTi Vancouver主催。Teen Project Learning Course。高校1年生~大学1年生向け7/3開講。英語の基礎を固め、グループワークなどを授業に取り入れながら、コミュニケーション力を高めていきます。ホームステイはフロムウエスト提供。治安と環境の良いノースバンクーバー。詳細はこちら。イッティバンクーバー公式サイトはこちら

電子渡航認証(eTA)申請代行無料!

 

 

 

 

 

 

 

2018年01月25日

2017年秋学期ボドウェル高校オリエンテーション

2017年9月5日Bodwell High School/ボドウェル ハイスクールのFALL TERM(秋学期)のオリエンテーションがありました。今回は、素晴らしい新校舎も出来上がり、通常でもボドウェルの9月入学はたくさん生徒さんが入学されるのですが、今回特に多く、総勢で40か国以上、600人~の生徒が世界中から集まりました。日本人も15名ほどBodwell新入生を迎え、現在、日本人数は60名位。総生徒数の約10%です。今学期からイランの留学生も増えて、画像には写っていませんが、礼拝堂も作られました。中国系、ロシア、カザフスタン、日本、ベトナム、モンゴル、韓国、メキシコ、ブラジル、ヨーロッパ、カナダ、ナイジェリアなどさまざまな国の方がいますが、また違った文化を持っている生徒さんが参加されるのは本当にカナダならではですね。この貴重な体験が、将来を生きて行くお子様たちに、いつかどこかで役に立つのではと思います。

 

 

 

毎学期、弊社を代理店としてボドウェルに生徒さんたちが入学されます。そのたびに、「出来る限り、入学の際にはオリエンテーションや学校訪問をしてください」とお伝えしております。Bowell High Schoolの下見ツアーをされた方もいらっしゃいますが、日本人カウンセラーの方にお会いしていない方も多いと思います。また、お子様がどのような環境で、どのようなスタッフたちに囲まれて生活をしたり、勉強に励むのかを知ることはとても大事だと思いますし、オリエンテーションでは最新のインフォメーションのお話もあります。

 

離れたところで、お子様達のボドウェル高校留学を応援するのに、共有の情報や話題はコミュニケーションをスムーズにしてくれますし、現地サポートをご依頼の場合は、弊社の姿勢をご説明させていただき、学校・留学代理店・親御様が協力体制で、お子様の高校留学が成功するように力を合わせていきたいと思います。

 

さて、Bodwellのオリエンテーションですが、15名の日本人の入学があっても、今回、渡航された親御様は弊社お申込の方のみで、オリエンテーションに参加した留学代理店もフロムウエストのみでした。保護者へのオリエンテーションは、日本人カウンセラーが担当され、ハンドブックが配られましたので、弊社の方は書き込みをして、あいにく欠席の保護者に郵送させていただきました。(生徒さんが同じものを持っていますので、ご希望の方はお子様にコピーしてもらってください)

 

 

今回のオリエンテーションでは、BC州に在籍する高校生全員が受けるプロビンシャルテストの話題が出ました。以前はグレード10、11、12で5科目だったものが、変更にあり、再度変更が出て、イングリッシュ12そして、数学10が復活するかもしれないということでした。(最新情報はお調べください。)

あとは、カレンダーには、中間テストが書かれておりませんが、10月18日、19日です。

入学から1か月ちょっとでもうテストがありますね。中間ですので、最終的ではありませんが、AEPというESLから入学された生徒さんにとっては、レベルアップの絶好の機会です(学期毎に決まります)。頑張って欲しいと思います!

このところ、ボドウェルハイスクールに入学される生徒さんのレベルが急に上がってきました。出来る限り英語力を付けて入学されることを目指してください。

 

カナダ高校留学やボドウェルハイスクールのお問い合わせはこちらへどうぞ

2017年09月26日bodwell:高校

2017年Bodwell High School /ボドウェル高校 卒業式

 

 

2017年度ボドウエル高校卒業式が、3月17日の雨降る午後に卒業会場であるBodwell High Schoolの体育館で行われました。卒業生やご両親の方達は早くから会場に来られ、式が始まる前のグループ写真撮影等が行われていました。体育館は、黄色や青の風船、卒業生達の写真で飾られていました。


会場の椅子は卒業式を心待ちにする沢山の友人や家族の方達で埋まっていました。ドレスアップした家族の方達は、Bodwellを卒業する子供さん達への花やプレゼントを準備し、この日を迎える喜びと誇りで満ち溢れていました。


カナダではセレモニーのオープニングにバクパイプ奏者による演奏がよくみられ、この日もバクパイプ奏者による演奏でBodwellの卒業式が始まりました。奏者に続いて先生方、スタッフの方々、卒業生の順に入場した後、ボドウェル高校バンドによるカナダ国歌Oh Canadaが演奏されました。その後、Mr. Stephen Goobie学生主任とMr. Paul Yuen学長からの卒業生達への祝辞、ボドウェルバンドによるInto the Cloudsの演奏、Dr. Peter Robinsonゲストスピーカーによるスピーチと続きました。


スカラーシップ受賞者発表では、名前を呼ばれた生徒の何人かは驚いた様子でした。メダルと500ドルが、数学、音楽、クリエイティブライティング、英語学習功労者、ファインアート、サイエンス、スポーツ(男女一名ずつ)、社会科、グローバルシチズン、ライフスキルアチーブメント、コミュニティーサービスの項目から選ばれた各一名づつに手渡されました。


その後、卒業生が作成したミュージックビデオが放映されました。卒業生全員と副学長を含む数人の先生方がジャスティン・ティンバーレイクの「Cant’t stop the feeling」の曲に合わせて、口パクで歌いながらのダンスパフォーマンスは、とても楽しく仕上がって会場は最高に盛り上がっていました。


2017年度ボドウェル高校卒業生代表スピーチは、スポーツ部門でスカラーシップを受賞した日本人学生のIzawa Tatsuhiro 君が選ばれました。卒業生を代表して、初恋からボドウェル校がバスケットやサッカーの試合で活躍したこと、そしてボドウェルで様々な外国の文化に出会えた体験談を語ってくれました。


そして式のビッグフィナーレ、卒業証書の授与が始まりました。担任の先生が生徒一人一人の名前を呼び、先生のお別れの言葉と共にステージに上り、ステージ中央でスクロール証書と共にクマのぬいぐるみと、多分中身は近所のThomas Hassのチョコレートと思われるミステリーバッグが授与されました。


最後の生徒が証書を受け取り、無事にボドウェル高校の卒業式は終了しました。卒業生達は、又バグパイプ演奏と共に式場を後にし、控室のカフェテリアへ入っていきました。卒業生の家族の皆さん、友人達も続いてカフェテリアに移動し、そこでやっと花やカード、その他の色々なものを手渡すことができました。カフェテリアでは、卒業生、先生、家族、友人同士で写真を取り合ったり、用意された美味しそうな春巻、ケバブ、スイーツ等を楽しむ光景が見られました。

 

ほとんどの人がカフェテリアを去り始めたとき、ボドウエル卒業式の本当の最後を迎えました。

 

カナダ高校留学やボドウェルハイスクールのお問い合わせは こちら へどうぞ。

2017年04月05日bodwell:高校