留学体験談 2018

カナダ留学感想

ボドウェルハイスクール留学体験談ーS君が小学校卒業後、17才でボドウェル高校卒業するまでのお母様の海外体験談。

ボドウェルハイスクール

留学は息子が中学校進路相談中に「お母さん、ぼくカナダの学校に行きたい」から始まりました。私は、えっ?となりました。息子は小学4年生の夏休みに、ホームスティとボドウェルのサマープログラムに10日間参加したことがありました。日本へ帰国する時になり、ホストマザーの前で泣いたそうです。・・・日本に帰りたくない・・・と。(笑)

ボドウェルのサマープログラムが楽しかったのだろう、フロムウェストさんがコーディネートしてくれたホストのご家族がとても親切にしてくださったのだろう、とその時はそこまでしてくださり、良い経験をさせていただいたと感謝の気持ちでおりました。

それから二年後に、まさか11歳の息子がカナダに行きたいと言い出すとは夢にも思っておらず、親として行かせるべきかを非常に悩みました。留学をさせる決め手になったのは、フロムウェストさんのフォローとボドウェルの日本人カウンセラー(当時は上原さん)がいらっしゃった事が大きかったです。

私自身、英語も話せませんし、文章も読めないので、学校に提出する書類についても全く分からない状態でしたが、フロムウェストさんに一つ一つ教えていただき、留学の手続きを行うことができました。息子はといえば全く英語のレッスンを受けずに行きましたが、ボドウェルにはESLクラスがあり、ゆっくり丁寧に英語を身に着けていくことができました。(現在は、留学時に日本の英検2級程度の知識が必要だそうです)ボドウェルハイスクールの卒業まで約5年かかりましたが、日本でいう高校3年の4月に卒業が決まり、そのままカナダでやりたいことを見つけて今は専門学校へ進学しています。(日本より1年弱早く高校を卒業しました)

ボドウェルは学校に隣接する寮も完備されており、課外活動も盛んで、海外に不慣れな方でも安心ですし、カウンセラーの方も親身になってくださいます。寮からのレターには生活態度に関するレポートも出てきます、(部屋を綺麗にしている、食事の回数、病気の連絡、門限、アクティビティへの参加状況などとても細やかです)。学校からの成績表には、先生からのコメントも載っており、丁寧で生徒一人一人を良く見て下さっていると実感できます。

息子は多感な時期を海外で過ごし、先生や周りの方に心配をおかけしたこともありましたが、その度に学校の先生やカウンセラーの方、フロムウェストさんのお力をお借りし親子で乗り越えて来ました。(フロムウェストの現地サポートを付けておりましたので、息子の苦手な科目の家庭教師をしていただいたり、家庭教師の斡旋を学校へ相談して下さったり、お小遣いの管理や、息子に直接会ってどういう状況なのかを聞いて大人目線でのアドバイスなどをしていただき、時と場合によっては親にも報告してくださったりと、カナダのお母さんをしていただきました。感謝)


留学で気をつけないといけないのは、まだ10代の子供なので判断が足りない時もありますから、親としては子供の話ばかりを鵜呑みにせず、学校のカウンセラーやフロムウエストに相談し適切なアドバイスをもらったら良いと思います。その点、ボドウェルは親切で丁寧だと思います。

私はボドウェルの卒業式にも参加させていただき、息子の名前を呼ばれたときには拍手があがり、皆様に大切にしていただいたのだと涙がこぼれてきました。そんな息子から先日、「カナダに行かせてくれてありがとう、今好きな勉強ができてうれしい」と言われました。子供がやりたいということを後押しさせてもらえて、私こそ感謝です。


カナダ短期語学留学体験談 ーYさん(21才)が2週間、ウエストバンクーバーのホームステイに滞在し、語学学校に通学した海外体験談。

カナダ語学留学

カナダ語学留学をしてみて                

私は2週間カナダ語学留学をしました。行く前は、どんな感じか分からずとても不安でした。

しかし初日にホストファミリーがあたたかく迎え入れてくれて、その不安は安心へと変わりました。私のホストファミリーの家では、とくに厳しいルールなどはなく、毎日快適に過ごせました。また、その家では私以外にもう1人女の人がホームステイをしていて、仲良くなることができました。週末も、一緒にディープコーブに行ったり、映画を見に行ったり・・・と日本ではできない経験をし、とても楽しかったです。

また、私はitttiという語学学校にその2週間、通っていたのですが、ここでもすばらしい経験ができました。最初は英語を皆の前で話すことに抵抗があり、なかなか自分から喋ることはできませんでした。けれど、他の生徒が文法とかを気にせずに話しているのを見て、完璧じゃなくてもいいんだと思い、そこから英語を話すことの抵抗が少しなくなりました。さらに2週間という短い期間でも、外国の友達をつくることができ文化の違いとかも色々と知ることができ楽しかったです。先生たちも私たちの理解に合わせて授業をしてくれたため、ついていけないということはなかったです。日本に帰ってきて、カナダ語学留学に申込して良かったと思っています。

そして、初めての留学をFROMWESTさんにお願いしたおかげで、楽しい経験ができました。ありがとうございました。

 

 

カナダ・タムウッドキャンプ体験談 ーOさん(16才)が1週間、語学学校タムッドUCLAキャンプに参加したお母様からの海外体験談。

あっというまに8月後半になりました。遅くなりましたが、この夏のUCLA Tamwood Summer Campでは申し込み手続き等、大変お世話になりました。おかげさまで、キャンプをエンジョイして無事帰国しました。

最終週は日本人が多かったものの、娘は、中国本土、香港、マカオ、ウクライナの友だちができて、帰国後も日本人含め10人くらいのグループで連絡をとりあっています。様々なバックグラウンド、様々な将来目標があるお友だちとの出会いというサマーキャンプの醍醐味を味わうことができたようです。娘は、キャンプのカウンセラーも英語レッスンの先生も雰囲気・内容ともにとてもよかったと話していました。

おかげで、日本人の子たちも「せっかくだから英語で話そう」と自然と言いだしたそうで、楽しい中にも
向学心を満たすにも十分な経験ができたようです。寮のセキュリティ・食事なども、午後のアクティビティも大満足していました。改めてタムウッドのカリキュラムの良さを感じました。

メールだけでのお願いにも関わらず、丁寧にご対応いただいたN様に心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。カナダには伺ったことがないのですが、いつか伺う際は、また手配等ぜひお願いしたいと思います。フロムウェスト様、N様の益々のご発展をお祈りいたします。

 

ボドウェルサマープログラム体験談ーRiさん(11才)が3週間、ブリティッシュコロンビア大学でのボドウェル高校主催サマープログラムに参加した海外体験談。

小学生留学


カナダ小学生留学

 

ボドウェルハイスクール


6年生の夏休みの3週間、ボドウェルのサマープログラムに参加しました。最初は、英語クラスが難しかったり、不安もあったけど、カウンセラーやスタッフが優しく教えてくれたので、安心できました。数日過ごしているうちに友達もできて、困っている時に助けてくれたので、良かったです。


英語はほとんど話せないので不安に感じていた英語クラスですが、先生が例えなどを言ってくれ、最後まで分かるように教えてくれたので、だんだん理解できるようになってきました。また、マンガ作りや、クロスワードなどで、楽しく英語を学ぶことができたので、とても良かったです。

午後のアクティビティーでは、ショッピング、カヌー、プール、ビーチなど、いろいろな所に行きました。特に楽しかったのが、3週目に行った、ウォーターマニアプールです。日本では行ったことがない、約4メートルの深さのプールに入りました。夕食は、カフェやファーストフードでとることが多かったです。ショッピングにも行きました。そこで注文を繰り返すうちに、英語でのコミュニケーションに自信がつきました。いつかまた海外に行った時、困ることなく、自然にふるまえると思います。カナダは、涼しくて、朝と夜は少し寒いくらいでしたが、とても過ごしやすかったです。


最終日、空港へのバスに乗り込み、仲良くなった友達と別れる時、ちょっと悲しくなりました。今でもボドウェルで友達になった子とは、メールでつながっています。

ボドウェルで3週間生活したら、時間管理など、今までお母さんに頼っていたことが自然にできるようになっていました。少し成長できたと思います。今回の留学は、私にとって、とても大きくすばらしい経験になりました。ボドウェルのプログラムに参加して本当に良かったと思います。

ボドウェルサマープログラム体験談ーR_Kさん(11才)が3週間、ブリティッシュコロンビア大学でのボドウェル高校主催サマープログラムに参加した海外体験談。

 

Bodwell High School

 

バンクーバー留学体験談

 

3週間カナダに行って、とても勉強になりました。

ボドウェルでの生活は、月曜日~金曜日は、午前は英語クラスで勉強し、午後は観光などに行きました。
到着当日、部屋の準備ができていなかったようで、「ここで待ってて。」と言われて待ちましたが、英語での説明だったので質問などができず、その間とても不安でした。

カウンセラーは先のことはあまり言わず、直前に指示してくれることが分かり、指示が出るまでは自由にしていて良いと分かってからは、安心して過ごすことができました。あんなに不安だったのに、2日ほど経つと、だんだん慣れてきていました。友達ができるまでは自由時間を暇に感じましたが、友達ができるとバトミントンなどをして楽しく過ごすことができました。

午後のアクティビティーは、出かけず、ボドウェル内でショーやゲームやダンスなど見たり、自分たちもやったりした日もありました。カーニバルナイトの日は寮の外の広場にいろいろなゲームが設置され、友達とあそびまわりました。

土日は、勉強はなく、一日中観光地に行って遊んだり、ショッピングに行ったりしました。ショッピングで、日本の食品を目にすることがありました。オリンピック・ビレッジに観光に行った時、「ハイチュウ(青リンゴ味)」が売っていました。パッケージにカタカナで「ハイチュウ」と書いてあったのには驚きました。

毎週金曜日には、翌日帰る人のお別れパーティーがありました。ハッピや浴衣を着ている人もいて、賑やかで楽しかったです。僕たちは、自由にダンスを踊ったりしました。その時によくかかっていた音楽は、今でもたまに口ずさんでいます。3週間、とても楽しく過ごせたと思います。一生の思い出です。